体臭がきつく悩みがあるときには、その部分を強くこすらないように気を付けましょう。わきがは、わき部分に臭いが発生しやすくなってきます。この部分の臭いがきついと感じるようになってくると、お風呂に入った時に必要以上に力を入れてこすってしまうでしょう。ただ、力を入れてこすりすぎても、汗腺から臭いが発生しているため臭いが和らぐことはありません。それどころか、お肌にダメージを与えてしまいデオドラント用品を使えなくなってしまいます。臭いがきついと感じたときには、制汗や臭い防止効果のある石鹸を使って、わき部分を優しく洗うようにしましょう。ソフトタッチで洗うように気を付ければ、皮膚に対するダメージの心配がなくなるので、お風呂に入った後にクリームを使うことができたり、スプレーで臭い防止対策を行うことができます。

わきがの臭い対策について

わきがの人の中には、脇の臭いが気になって、仕事に集中することができなくなる人もいます。臭いを完全に消すためには、脇の汗腺を手術をして取り除かなければいけません。しかし、手術をすると、脇の下に傷跡が残り、手術後は腕をあげることも痛いです。そのため、簡単に手術をすることは難しいです。できるだけ臭いを抑えるために、デオドラントや、汗脇パット、消臭下着などを使用しましょう。わきが用のデオドラント剤などもドラッグストアなどで購入することができます。一般的なデオドラント剤よりも効果が高いです。スプレータイプよりも、直接脇に塗るタイプのほうが殺菌のは効果が高いです。そして、汗をかいたら、脇の下をウエットシートで拭きましょう。拭いて乾燥したら、デオドラント剤を塗って、生活をすることで、独特のわきが臭を抑えることができます。

わきがの臭いを強くする習慣

体質的にわきがの人は、生活習慣に気を付けることで臭いを和らげることができます。体臭に悩んでいる人は、和食中心の食生活に変えてみましょう。肉を多く食べていたり油分の多い食事ばかりを好んでいると、油が体の中で酸化してしまう為、強い臭いの原因となってきます。元々わきが体質の方は、すえた臭いがプラスすることで強烈な臭いを放つようになってしまうでしょう。肉や油が好きな方は、野菜や魚を多く摂ることができる和食に切り替えてみるとよいです。また、タバコを吸っている人も、体臭がきつくなる傾向にあります。タバコは、色々な成分が配合されているため、吸うことでその臭いが体に染みついてしまいます。また、煙成分は肺に吸い込むことで体中にも広がってしまう為、体臭の強さとして表れやすくなってしまいます。タバコを吸っている人は禁煙するとよいです。